スキップしてメイン コンテンツに移動

[Haskell]Database.HDBC.Sqlite3でSQLite3のデータを読む。

関数型言語のHaskellというものに手を出してみました。

今回は、システムトレードで使っているSQLite3からHaskellで時系列データ(日足)を読んでみます。

備忘録として、コードを上げておきます。

import Database.HDBC
import Database.HDBC.Sqlite3

main = do
        conn <- connectSqlite3 "investment.dbf"
        closes <- getHistoricalPrices conn "2712" "CLOSE"
        print [zenjitsuhi |(x,y) <- (zip (init closes) (tail closes)),let zenjitsuhi = ((x-y)/y)*100]
        hist <- getHistoricals conn "8411"
        print hist
        disconnect conn
        return ()

getHistoricals :: IConnection c => c -> String -> IO [(String, String, String, Double, Double, Double, Double, Double)]
getHistoricals conn code = do
        stmt <- prepare conn "SELECT S.DATE,S.CODE,S.MARKET,S.OPEN,S.HIGH,S.LOW,S.CLOSE,S.VOLUME FROM STOCK_DAILY S,MARKET_LISTINGS L WHERE L.CODE=? AND L.MAIN_MARKET='true' AND L.CODE=S.CODE ORDER BY S.DATE DESC"
        execute stmt [(toSql code)]
        rows <- fetchAllRows stmt
        return([((fromSql d)::String,(fromSql cd)::String,(fromSql m)::String,(fromSql o)::Double,(fromSql h)::Double,(fromSql l)::Double,(fromSql cl)::Double,(fromSql v)::Double) | [d,cd,m,o,h,l,cl,v] <- rows])

getHistoricalPrices :: IConnection c => c -> String -> String -> IO [Double]
getHistoricalPrices conn code dataType = do
        stmt <- prepare conn ("SELECT S."++dataType++" FROM STOCK_DAILY S,MARKET_LISTINGS L WHERE L.CODE=? AND L.MAIN_MARKET='true' AND L.CODE=S.CODE ORDER BY S.DATE DESC")
        execute stmt [(toSql code)]
        rows <- fetchAllRows stmt
        return([(fromSql val)::Double|[val] <- rows])

コメント

このブログの人気の投稿

[Python]redis-pyでRedis Pub/Sub実装

前から面白そうと思っていたRedisのPub/Sub機能。 redis-pyでどう実装すれば使えるか確認してみた。 ■Pub/Subについて http://ja.wikipedia.org/wiki/出版-購読型モデル ■pub.py from redis import StrictRedis def publish(channel,msg): """ redis-pyにはPUBLISHするためのメソッドがないので、 Redisのコマンドをそのまま実行する為のクラスを使う。 """ sr=StrictRedis() """ 第1引数にRedisのコマンド、第2引数以降は そのコマンドの引数をそのままセット """ sr.execute_command("PUBLISH",channel,msg) if __name__=="__main__": # チャネル"hoge"に"Hello"というメッセージを出版(Publish) publish("hoge","Hello") ■sub.py from redis import Redis def listen(channel): r=Redis() ps=r.pubsub() ps.subscribe(channel) while True: for i in ps.listen(): print i["data"] if __name__=="__main__": # チャネル"hoge"を購読(Subscribe) listen("hoge") ■実行方法・実行結果 (ターミナル1-準備) [user@localhost ~]# python sub.py 1 # => チャネ

[OS]VirtualBoxでCentOS6.5(x86_64)がKernel panicを起こした

完全に対処療法。 恥ずかしながら自分では原因がわかっていない。 忘れないようにメモしておく。 いろいろ設定したあと、何度目かの再起動のタイミングでKernel panicが発生して起動しないという事象が発生。 こちらの方法でなんとか起動させて。 [CentOS] SELinux 無効化後のカーネルパニック http://kuni255.blogspot.jp/2013/04/centos-selinux.html こちらの通り、/boot/grub/grub.confに設定を追加。 Kernel panic – not syncing: Attempted to kill init! http://h2np.net/mynotebook/post/130 設定変更後、以下の操作をそれぞれ10回ほど試した限りでは再発していません。  (1)halt+起動 (2)reboot 追記:と思ったらまた発生した。なんかもう解決できる気がしない。

[Python]日経225構成銘柄の一覧を取得するプログラム

今日書いたのはこれ。 日経225の構成銘柄が変更になるといちいち変更が面倒なので作りました。 コメントに書いてある機能しかありませんが、簡単でよし。 ご参考になれば。 #!/usr/local/bin/python # -*- coding:utf-8 -*- from BeautifulSoup import BeautifulSoup import urllib2,re class Nikkei225Profile(object): def __init__(self): ''' 日経新聞のサイトから日経225の構成銘柄の証券コードと証券名称を取得 ''' self.url = 'http://www3.nikkei.co.jp/nkave/about/225_list.cfm' self.profile = dict() soup = BeautifulSoup(urllib2.urlopen(self.url)) tablesoup = soup.find("table") rows = tablesoup.findAll('tr',{'bgcolor':'#FFF5DE'}) rows += tablesoup.findAll('tr',{'bgcolor':'#F0E7D1'}) for row in rows: row_list = [cell.find(text=True) for cell in row.findAll('td')] self.profile[row_list[0]] = row_list[1] def getprofile(self,googlestyle=False): ''' 日経225の証券コードと証券名称をdict()で返す